20211228

2021年

最後のイベント


監督作品一気四本上映会でした


お集まりいただいた皆様

ゲストの皆様

関係者の皆様

スタッフ、キャスト二刀流の

実行委員会の皆様


ありがとうございました

お疲れ様でした


映画の神様に感謝



机の上には

リスペクトする見城社長の言葉

GNO


百束カメラマンからプレゼントされた

おまめこぞう

さんの

切り絵です


ひとときも

GNOを

忘れることがないように





昨日の上映会

夜→朝に

時間を辿れば↓


脚本 中井由梨子

監督 秋山純


渋谷行進曲



脚本監督 秋山純


TOKYO yancha BOYS episode1 departure


脚本監督 秋山純


刑事JACOK file zero 面影



脚本 中井由梨子

監督 秋山純


朝陽が昇るまで待って








Brian the Sunのハルキ君が

店長のライブハウス


六本木ビッグハウスにて


朝→夜に時間を辿れば↓









全ての映画に

共通のテーマは


「今を伝える」

こと


「今」は

一瞬にして、過去となりますが

映画で表現すれば

「永遠の今」として

記憶と記録に残ります


何年か経っても

決して色褪せない


いや

何年も、何十年も経ったあとに


今より鮮やかな光を放つことを祈って


来年も

映画を作って行きます




昨夜は上映しませんでしたが

16日に試写会をした


「刑事JACOK file1 よさこい慕情」は


年明けに

千葉を中心として

公開していきます



そして

一月には


朝陽が昇るまで待って

対になる作品


夕陽が沈んだら僕は



仕上げます




朝陽と夕陽

二本で

長編映画一本ぶんとなりますので


二本立て上映を

やって行きたいと思います


年明け早々には


我らが

永山たかしくん主演の映画を

撮影します


↓こちらは

刑事JACOK file zero より



情報は追って


もちろん


西尾市を舞台とした

こちらの実現へ向け

リーダーが奔走するはず




そして


20歳のソウルは


来年初夏に

スクリーンへ




2022年撮影に向け


あと数作品

動き出しています


東京を飛び出す企画が数本


日本を飛び出す企画も



映画の神様に

愛されるように


全身全霊で



皆様

良き年末を















173回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

20220121

20220120

20220119