KOMAZAWA

10年前から5年前くらいかな


当時勤めていた会社のある六本木ヒルズ

あるいは

恵比寿あたりで打ち合わせ飲みした後の

帰り道


駒沢を過ぎたくらいで

決まって僕は

タクシーを途中下車


marvi

って名前の

いまは無きダーツバーに

よく通った


ダーツバーって言っても

あまりダーツはしなくて

オヤジの

音楽に関するウンチクを聞いていた


値段も適当で

口の悪い僕らは

ぼったくりBARだと

文句を言いながらも

なぜか

タクシーの途中下車は

やめなかった


パーカッションを

深夜にたたきまくり

酔っ払って地面で寝た



僕は

お決まりのように

古着のリーバイスに

黒のTシャツ

足元は

サイドゴアブーツか

げんべえのビーサン

マイギター

黄色いレスポール Jr.を

店に置きっぱなしにして

オヤジが、どこかの中古屋から仕入れてきた

フェンダー のアンプで

弾きまくった

客は

ほとんど僕一人だったから

怒られなかったけど


たまに連れがいると

ヘタクソと

ヤジを飛ばされた


あの頃のことを

よく思い出す


今では

渋谷に拠点があるし

下馬にオフィス もある


自分の城で

ギターも弾き放題だし

眠くなれば

床でなくソファで眠れる


好みの音楽に

いつも浸れるし


少なくとも

ぼったくられることはない


インチキな

パワーブレスを

何万円も払って

買わされることもない

(ある日、インチキぶりに頭に来た僕は、大枚を叩いて、買わされたパワーブレスをプロに鑑定してもらった。そして、大事にしていたほとんどの石が二束三文のガラクタだと知ってしまったのだ)


どうしようもなく

不謹慎で

不自由で

不純で

不埒で

ダメダメな日々


眠れないよるに

あの頃のことばかり

思い出すのは

なぜだろう


あの頃

毎日のように会っていた友人たちとは

今では

ほとんど付き合わなくなった


時はめぐり

立ち止まることはない


marviのオヤジとは

二度と会うこともないだろうけど

どこかで元気に

憎まれ口を叩いていて欲しいなw


僕は

新しい世界で

共に生きる仲間たちと

きっと今夜も

ヘタクソなギターを弾く








90回の閲覧

© 2023 by Skyline(著作権表示の例)