top of page
  • 執筆者の写真

20221020

昨夜は

特命係長只野仁や

ママが生きた証でお世話になった


尾崎将也先生、監督脚本の映画


「炎上シンデレラ」の

舞台挨拶上映に行って来ました



尾崎将也先生は

中学高校の二つ上の先輩

(僕が38期、先生が36期)


とても温かな映画でした


観劇直後に書きましたが


どの世代が見ても

心に刺さる映画


あの空を

飛びたくなる映画です


曇り空から射す光が

柔らかなところを照らしてくれます


是非是非、映画館で‼️


今朝のニュース↓




尾崎将也先生の

映画にかける情熱


後輩として

超リスペクトします


11月4日から公開です‼️



そして

僕が監督した2作品について



20歳のソウルチームで製作した


「朝陽が昇るまで待って」


脚本 中井由梨子

監督 秋山純 


11月18日〜20日


代官山シアターギルドにて

映画のその後を描いた新作舞台と合わせて公開します


製作委員会はありません

100% JACOの出資映画です


そして

上映、字幕入れについては

クラウドファンディングで

たくさんの方に

お力添えいただきました


上映出来ること


感謝しかありません


ありがとうございました




撮影から一年半

あまりにも

たくさんのこと

信じられないこともありました


それも

撮影から公開まで時間がかかる

映画の宿命



ひとつだけ言いたいこと


芸能は神事

天に唾を吐けば

自分に降りかかる



詳細は

モザイク東京のホームページにて↓




そして

今週土曜日には

脚本監督した


「TOKYO yancha BOYS」が

公開されます


初日舞台挨拶にお伺いします





僕にとっては

原作を書くことからスタートして

JACO Fesで二度の舞台化


コロナ禍でスタートした

JACO10での

配信連続ドラマ


そして

映画化と


とても大切で、思い入れの強い作品です



20歳のソウルで

初めて知り合えた皆様にも

是非是非観ていただきたい


そんな作品です


上映情報です↓



ホームページより↓


劇場版『TOKYO yancha BOYS』episode1 departure

監督・脚本 秋山純


あらすじ

若くして全国ロードショー映画の主役に抜擢されたショータ、スターへの道は約束されている筈だった

・・・あの事件が起こるまでは。

それから12年

30代を半ばにした南ショータは再び夢を追いかける

「運命なんてただの言葉の遊びじゃないか」

俳優バンド 東京やんちゃボーイズ のリアルを描いた青春ムービー


出演 南翔太 松浦正太郎 橋谷拓玖 宮下涼太


桝田幸希


日影舘まい 上田操 両羽ももか


加藤ヒロ 永山たかし 小西博之


デビット伊東


会場 イケブクロ エンタメ横丁(東京)

日時 2022年10月22日(土)〜27日(木)

各回12時〜上映スタート(受付11時30分〜)

全日上映後舞台挨拶を予定


会場 別府ブルーバード劇場(大分)

日時 2022年11月4日(金)〜10日(木)

11月5日(土)舞台挨拶あり


会場 名古屋シネマスコーレ(愛知)

日時 2023年1月7日(土)〜13日(金)

舞台挨拶あり


7日、9日、11日、13日

「渋谷行進曲」上映(約96分)

8日、10日、12日

「TOKYO yancha BOYS」上映


・本編上映(約106分)

・映倫G区分

※配給協力:polyphonic株式会社


一人でも多くのかたに

届きますように


GNO


閲覧数:181回0件のコメント

最新記事

すべて表示

20240621

20240620

20240619

コメント


bottom of page