top of page
  • 執筆者の写真

20220605

20歳のソウル


故郷の神戸で

92歳の母と観ました



満員札止めでした




おそらく

人生で初めて…

褒められました


母が号泣して観てくれた映画館


OSシアターハーバーランド



感無量です



皆様

ありがとうございました



映画館の皆様


上映してくださり

ありがとうございました



モザイクモールの

西村珈琲で

アイスコーヒーとケーキ




故郷の味は

たまらないですね


東京に戻り

明日は

朝一

有楽町の日比谷東宝で観ます



みかけたら

お気軽にお声掛けください





今日も

いただいた感想を



⭐︎しん62くん


大義くんのお母様役、尾野真千子さんの好演に注目しました。告別式で164人の市船ソウルに号泣するも一度凛とした表情に。ラストの球場スタンドではメガホン片手に市船ソウルに合わせて笑顔で踊るも涙が。

いま是非観て頂きたい作品。



⭐︎755 umiさん



親子、師弟、恋人…さまざまな人間同士の絆が、主人公の浅野大義くんの太く短い人生を貫いていて、また大義くんを通してそれぞれに貫かれ、その結びつきに終始涙が止まりませんでした。


一つひとつのシーンがビビッドで、力強くも儚く美しい。

高校生という人生のなかでもっとも美しいといっていい刹那を伴った瑞々しい季節。それを踊りで、合唱で、旗で、そして音楽で、時にそれぞれの悩みや弱さ、慟哭で映し出していく。そして、20歳になった大義くんに死が迫るほどに、その無自覚な美しさが逆照射的に輝く。

しかし、これは20歳の大義くんに限らず、年齢問わずこの世に生きる誰もが持っている輝きであり、どんな境遇であろうとも人生そのものがギフトであって、そのギフトを輝かせるのは自分次第なのだということを大義くんと映画は教えてくれました。

日常に埋没すると時に見失いそうになる絆や生の自覚を折に触れて[市船soul]を聴いて思い出そうと思います。


秋山監督はじめ制作に関わったみなさま。

そして見城さん。

素晴らしい映画をありがとうございました。

映画館でこんなに泣いたのは初めての経験でした。



ありがとうございました



ダイレクトメッセージも

たくさんいただいています


返せる限り

返信させていただきます

(20歳のソウルの話に、限定させてください)


新神戸駅から

ステーキ弁当を買って


東京に向かいます



ありがとう

神戸


生まれた街


いつも

温かい




閲覧数:372回0件のコメント

最新記事

すべて表示

20240621

20240620

20240619

Comments


bottom of page