20220515

20歳のソウル

全国公開前夜祭まで

カウントダウン


あと11日


静岡県では

美味しいお食事を

たくさんいただきました


ご馳走様でした



お茶をミックスしたビール

初めて飲みましたが

美味しかった


BARでも研究させていただきます



海があり

山があり

水が美味しくて


新幹線で1時間



少し余裕が出来たら

プライベートでもおうかがいして

20歳のソウル

上映映画館ツアーをしたいです



毎朝

目が覚めたらニュースを観て

自分が知らない場所での

まだ知らぬ人々の息遣いを知ることが

日課でした


五年前に

大義くんについて書かれたコラムを

初めて見たのも

ベッドの上


寝転がって

スマホでニュースを見ていました


スマホひとつあれば

たくさんの情報を知ることが出来るし

知らない世界のことも

目に入ってくる


便利な時代になりました



大学生の頃には

想像も出来なかったし


社会人になっても

20年くらいは

アナログな毎日だったと思います


毎朝

駅でスポーツ紙を買っていたし


新聞を切り抜き

スクラップ帳を作っていた…


ニュースは

テレビと

新聞でしか

知ることが出来なかった


今のような

便利さは

想像もつかなかった


10年後

いったいどんな時代になっているのだろう?


いまは

ワクワクする気持ちより

怖くなってしまうのが本音です



いつから僕たちは

心の中に

しまっておくべき想いを

鋭利なナイフのように

知らない誰かに突きつけることに

疑問を感じなくなってしまったのだろう…



でも

目をつぶることや

目を背けることが


決して自分を癒さないことだけは

 

わかっているので



今日も

僕は僕として 

大切な一日を生きる




百年たっても

色褪せない映画を作り続ける




閲覧数:202回0件のコメント

最新記事

すべて表示

20220523

20220522

20220521