20220313



昨日は

船橋大神宮にて

20歳のソウル

ムビチケの手売りが

行われました


お越しいただいた皆様

開催にご尽力いただいた皆様

ありがとうございました


中井さん

幻冬舎から駆けつけて下さった武田くん

お疲れ様でした


体調が良くなくて

おうかがいできなくて

すいませんでした



次回

開催されれば

僕もフライヤーを配りたいです




昨日の模様は

みやしーの書いた

20歳のソウル

公式ホームページ

プロダクションノートをご覧ください


https://twitter.com/20soul_movie/status/1502812435891343366?s=21



さて

佐伯斗真役の

佐野晶哉くん


20歳の誕生日

おめでとう





佐伯斗真


市船吹奏楽部の

マーチングドラム

ピアノ奏者


大義くんの

親友でライバル


高校卒業後も

大義くんの

大切な仲間として描かれています



斗真は

20歳のソウル

原作

(幻冬舎文庫より好評発売中)では

「ヒロアキ」として登場しています



この「ヒロアキ」という名前


原作、脚本の

中井さんによると



中井さんが取材した、当時の大義くんと仲の良かった赤ジャの男子たち(Iさん、Yさん、Tさん)のお名前を組み合わせたネーミングだそうです


大義くんの仲間には

出版前、撮影前に

よく会って

話を聞きました


成人した仲間たちとは

酒も酌み交わしました



原作者の

その役への想いを

きちんと理解することは

映画作りにおいて

とても大切だと思います


ゼロから1を作り出す仕事だから

作家は

「先生」と呼ばれます


中井先生

皆が呼ぶ時は

単に

面白くて呼んでることも

多いですがw




親しい仲にも礼儀あり



そこには

きちんとした

リスペクトの感情があります



原作者へのリスペクト無しに

映画は作れません




大義くんを含めた吹部男子4人組のエピソードが、それこそ「まるで映画のようだ」と中井さんは感じていたそう



原作では1人だけれど、映画ではこの4人を登場させたいと、斗真、豪、洋一といった人物で描いています



そして卒業後も

大義の傍にいる斗真は

映画ではとても

重要な役です



中井さんによると

「音楽の面で大義くんのライバルだったIさんをモデルに描きました。その他、高橋先生から伺ったいろんな吹奏楽部員の皆さんのエピソードを混ぜ合わせています。だから斗真は、市船吹奏楽部の象徴なんです」

とのこと



佐野くんについては

以前にも

ブログで書かせていただきました



https://www.akiyanj.com/post/20211001



佐野くん



20歳のソウル

の中に


斗真として

たしかに存在していただき

ありがとう





初号試写後も

佐野くんの斗真について

嬉しいリアクションを

たくさんいただきました


早く

スクリーンで

ご覧いただきたいです




ちなみに

僕は

緑色が好きで


以前のペンネームは

「緑先生(中国語でMr.greenという意味です)」と、呼ばれていましたw

緑の服ばかり着ていたので

常盤貴子さんに

上海ロケの時に、命名いただきました

中井先生の「先生」とは

かなり意味が違いますw




緑という漢字は

縁と

似ていますね



縁を大切にしたいです



20歳のソウル


5月27日

全国公開です





閲覧数:2,857回0件のコメント

最新記事

すべて表示

20220523

20220522

20220521