20220117

今日は

祈りの日です


1995年1月17日

午前5時46分

巨大な地震が故郷を飲み込みました


阪神・淡路大震災


あの日から27年



ニュースを見て羽田に向かい

臨時便で伊丹空港へ

見知らぬ人たちとタクシーに乗り

実家へ向かいました


高速は折れ曲がり

潰れた車が逆さまになって燃えている

道なき道を5時間

道路が裂け

水が吹き出し

ガス漏れ警報が鳴り響く

歪んだ団地の中で

母は無事でした


壁が割れ

室内はめちゃくちゃで

ガラスが散乱

母が大切にしていたリアドロの人形は

粉々に割れていました


母は泣いていました

怖かったと

気丈な母が泣いたのを見たのは

父を亡くした時以来でした


陽が落ち

暗闇に包まれた山の上の団地から

見えた海沿いの街


各地で火が

燃え盛っていました


余震が何度も来ました


一晩中

緊急車両の音が

鳴り止みませんでした


被害が広がらないように

祈ること以外

何も出来なかった


翌日

歩けども歩けども

恐ろしい景色しか見えない



あの日から

二年を待たずに鉄道は復旧して

繁華街にもあかりが灯り

神戸の街は蘇えりました


人の力は

どれだけ偉大なのだろう…



27年前


写真は一枚も撮れませんでした


大好きな街

神戸


今日は

あの日の記憶をたどり

静かに祈ります



(↓写真は復興後のものです)






























今日という日が

平和な一日でありますように



閲覧数:218回0件のコメント

最新記事

すべて表示

20220523

20220522

20220521