20211017

船橋市のある学校から

嬉しいお誘いをいただきました

20歳のソウル助監督チーフとして

現場で頑張っていた

みやしーこと宮下涼太は

市船吹奏楽部の皆さんからも

温かいエールをいただいていましたが



みやしーが

撮影の記念にと

自分が着ていた赤ジャを

吹奏楽部にプレゼントしたことがきっかけで

ある小学校へ、ご縁が広がったのです



市船吹奏楽部へ

赤ジャを持って行った時の様子↓




不思議なご縁が次々とつながり

素敵な学校イベントに

頑張っていれば

この世界のどこかで

必ず見ていてくれる人がいる

とても嬉しいお誘いです

感染予防に万全を尽くし

20歳のソウル

スタッフ有志でおうかがいします

詳しくはまた

このブログに書きたいと思います

みやしーこと宮下涼太は

俳優であるとともに

僕と安藤さんがプロデュースする

東京やんちゃボーイズのドラムです

腕前は↓



20歳のソウルの中でも

よーく見ると

みやしーのドラムを発見出来るかも⁉︎

(遠〜〜くの方に、小さく)



音は聞こえるかと…

やんちゃボーイズのテーマ↓


南翔太をリーダーとする俳優バンド

東京やんちゃボーイズの構想が生まれたのは

2019年2月

当初は

男子六人女子一人の

七人組プランでした


神村シゲゾーさんに作曲していただき

2019年3月19日に

安藤さんが

ほぼ今の形の詞を書き上げ


「やんちゃボーイズのテーマ」が

生まれました

ギター、ベース、ボーカル、ドラムの

四人構成となり

メンバーは楽器の練習をスタート

楽器の経験があったのは

ギターの正太郎とドラムの俳優だけ

練習を重ねて

半年先のデビューを見据えていました

(まだ、みやしーはメンバーではありません)

2019年5月30日に

「20歳のソウル」

第一稿が産声を上げたので

東京やんちゃボーイズと

20歳のソウルは

同時期に実現に向けてスタートしたことになります

しかし

俳優バンドとして

一番の問題は

四人のスケジュールを合わせることでした

連ドラや舞台が入ると

なかなか四人揃った練習も出来ず…

このままでは実体を持たないまま

空中分解してしまう…

まずは舞台からスタートしようと

脚本を書き上げ

2019年9月29日30日の

JACO Fes 2019 夏 の中

舞台「やんちゃで行こう 旅立ち編」にて

東京やんちゃボーイズのお披露目が決まりましたが

どうしてもスケジュールがうまくいかず

ドラムのメンバーが抜け

三人でのスタートになりました

↓JACO Fes の特集です

https://natalie.mu/stage/pp/jacofes2019

ドラマーがいないとバンドにならない

どこかに

ドラムが叩ける俳優はいないか?

2019年の夏

ひたすらドラマーの情報を探しました

ドラムが叩ける若い俳優に出会いたい…

バンドの映像を見ても

ドラムばかりに注目する日々が続きます

9月の舞台では

物語ドラムパートのキャストとして

兼ねてから芝居に注目していた俳優

宮下涼太が参加しました

ドラムパートのキャスティングですが

ドラムは叩きません

カホーンを叩き

ドラムにはサポートメンバーとして

Brian the Sunの田中駿汰さんを招き

東京やんちゃボーイズは

まず三人組として

デビューしたのです

その時の様子↓


(タクちゃんはまだギターを弾けず

みやしーは、サポートメンバーです)


三人とみやしーの相性は抜群でした


9月30日

打ち上げの席で

みやしーを正式メンバーに誘いました

実は、みやしーは

翌月からの語学留学が決まっていて

学費も払い込み済み…


リーダー南翔太の熱意溢れた誘いもあり

みやしーは留学をキャンセルして

東京やんちゃボーイズの一員となったのです



2019年のクリスマス

JACO Fes 2019冬にて

ついに四人組としてデビュー

オリコンニュースに↓

https://www.oricon.co.jp/news/2151380/full/

ドラムの猛特訓の末

今ではライブでも

恥ずかしくない演奏が出来るようになった

みやしーですが

メンバーになった時は

全くドラム未経験

猛特訓を経て

東京やんちゃボーイズのドラムに

こうして

探し続けても見つからなかった

東京やんちゃボーイズのドラムメンバーは

みやしーに決まったのです

ちょうどその頃

中井由梨子さんの脚本

20歳のソウルに

重要な登場人物が生まれていました

佐伯斗真

市船ソウルで最も難しい

マーチングドラムを担当

ピアノを弾けて

作曲が出来るイケメン

高一から社会人までを演じる若手俳優

主人公の親友でライバル

ハードルが高い役です

ドラム演奏は吹き替えが出来ません

リアルな腕前が必要となります

再び

ドラマーを探す日々となりました

ある日

知人に教えていただき

若きドラマーの姿を見ました

関西ジャニーズJr. Aぇ! groupの

佐野晶哉くんとの

出会いでした


ドラムを叩く姿を見て

彼の情報を

片っ端から調べました


まさか⁉️


あり得ない⁉️


びっくりすることの連続でした


まさに

20歳のソウル

佐伯斗真が

そこにいたのです


(長くなったので、明日に続きます)

5,418回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

20211208

20211207

20211206