20211010

昨夜スタートしたドラマ

神尾楓珠くん主役「顔だけ先生」

楽しく見させていただきました

20歳のソウルでは

高校1年生も演じてもらったのに

早くも先生役⁉️

ってびっくりしましたが

俳優はすごい‼️

イケメンすぎる先生を

楽しませていただきました

次の映画で一緒の金児くんも

さすがの存在感でしたね

この仕事をしていると

俳優ってすごいなあ…と

素直に驚くことが多々あります


浅野大義くんは

市船吹奏楽部の

トロンボーン奏者であるとともに

市船吹奏楽部旗士でした


2013YOSAKOIソーラン祭りサタデーナイトパレードより

旗士は市船吹奏楽部3年の浅野大義くん


ラストの全力ダッシュ


重さ20キロの大旗を

力強く華麗に振り

持って駆ける勇姿は美しくカッコいい



大義くんを演じる神尾楓珠くんも

大旗を操る必要がありました

楽器演奏に加え、旗士

ハードルが高いです

旗を持ち上げる練習をしないと…と

クランクイン前に

実際の市船吹奏楽部旗士の皆さんに

旗指導のお時間をいただきました

まず

原作、脚本の中井さんが

旗上げに挑戦



意地で持ち上げましたが

めちゃくちゃ重かったそうですw




続いて

神尾楓珠くんが

旗を持ち上げたのですが

最初から

ビシッと決まっていました

さすが

サッカーで鍛えた足腰

そして

いきなりダッシュ


(メイキング映像より)


絵になりますが…

カメラが追いつかない…

市船吹奏楽部の魂ともいえる

大旗のシーンは

映画20歳のソウルでも

重要な意味を持ちます

晴れ渡る空の下

リアルな市船吹奏楽部の皆さんと一緒に

ロケをしました




大旗に似合う

青空が広がり

最高のシーンとなりました

大義くんを演じた神尾楓珠くんの

華麗なる旗さばき



是非是非

大スクリーンでご覧ください

また

大旗のシーンに合わせて作曲した

KOSENの劇伴も素晴らしい‼️

一日も早く

皆様にお届けしたいです


1,196回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

20211017

20211016

20211015