20210717


20歳のソウル

命を扱う映画です

命と向き合うことは

とても怖い

生の数だけ死があり

死の数だけ生がある

ひとつの命の重さは

地球の重さと変わらない

ひとつの命には

たくさんの命が

縁を持ち

その広がりは無限

僕もいつか必ず死ぬ

死とは生きた証

生きた証を

作品として世に送り出すということは

どういうことか?

自分に問いかける

答は永久に出なくとも

命が尽きる瞬間まで

問い続ける

常識と言う名の言い訳に

無意識に逃げ込んでいないか?

仕事と向き合うのではなく

命と向き合うことが出来ているか?

立ち塞がる全てのものに

命をかけて

闘う覚悟があるか?

自分が自分であることに

誇りを持っているか?

大義くん

あと少しで

オフラインが完成します










撮影中の記憶


今はまだ

生々しく自分の中にある


僕が僕であるうちに


届けたい


一秒でも早く




229回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

20211017

20211016

20211015