20210128

新しい朝

こうしていつも通りに目を覚まして

ブログを読んだり

ニュースを見たり

ブログを書いたり


窓を開けて

冷たい空気を感じたり


枕元にある

読みかけの本や

飲みかけのお酒を片付けたり


そんな日常は

実は奇跡のような一瞬であり


そんな普通の朝を迎えられることが

どれだけありがたい事なのか


感謝しなければならないことなのか


きちんと語り継げる

自分でいたい


いつもの朝より

強く思います


昨夜は

朗読劇「二十歳のソウル2021」を

JACO10から配信しました


ソーシャルディスタンスを考え

密にならないように

四人が離れ離れに座ったので

遠くの声が聞き取りにくい


実は

それが映像のテーマでした




フェイスガードをして

背中合わせに

四人がくっついて座れば

セリフは

耳障りが良くなる


全く違う場所から

リモートで発信するなら

さらに耳障りはよい

ただし

タイムラグが生まれるため

間合いは

演者の意図するものではない


お互いの存在を感じ合いながら

どうすれば

演ずることが出来るか?


遠くに座れば良い




ただし

ピンマイクをつけて

ミキサーが整音するだけの

環境も予算もない


何を犠牲にして

何を前に出すか?


携帯電話もSNSもなかった

昔を考える


近くの人の声は大きく

遠くの人の声は

耳を澄ましても聞こえない

聞こえにくい声は

どうやって聞いたか?


想像する

あるいは

話し終えてから近づいて

前の言葉を推察する


そこから

コミュニケーションが生まれていく




そんな裏テーマを演者と共有して

撮影した朗読劇


朗読劇なのに

セリフは耳障りが良くない朗読劇


お互いの存在を

空気で感じながら

動き回る視点は

コロナ後のおかしな世界に

取り残された僕ら一人一人


さて

うまく伝わったでしょうか?


https://youtu.be/1LN1_zQhOII



観ていただいた一人一人が

もうひとりの演者であるという

作品でした



さて

今日は思い切って休もうかな


自分を整える一日にしよう








92回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

20210622

20210621

20210620