20201017

僕は

この美しい実がなる植物の

名前を知らない


鳥か昆虫が運んできた種が

芽を出し

茎を伸ばし

結んだものなのだろう


なんとも言えない色

美しい



肥料をやり

水を絶やさなかった

わけではない


自然のまま

育った木だ


実を結ぶまでに

どれだけの奇跡があったのだろうと

考える


長雨に

根腐りすることもなく

夏の日差しに

枯れることもなく

ひっそりとそこで育ち

開花して実を結ぶ


気付いたときには

美しい姿で

そこに存在している



今日から始まる

ワークショップについて考えた


手を変え品を変え

自分の色に

染めることを目指していない


気づいた時には

大輪の花を開かせ

そこに確かに存在して欲しい


その手助けは

見えなければ見えないほど良い


俳優の輝きに

演出家の姿は

見えなければ見えないほど良い


それが僕の考え方だ


美しさを見つけて

輝く役を作り出す


それから先は

個々の気持ちひとつ


美しく実を結ぶか

気付かれぬまま時を過ごすか



新しい出会い

縁に

心が躍る




198回の閲覧

© 2023 by Skyline(著作権表示の例)