20200418

初めて野球を観戦したのは

西宮球場、阪急南海戦

父と母と三人で

外野席から応援した

6歳の頃だ


どちらかの球団のファンであったわけではない


ファールボールが飛んできたり

ホームランが飛び込んだり

母が作ってくれたお弁当を食べて

父はビールを飲んでいて

僕は買ってもらった阪急の帽子をかぶっていた


甲子園球場の阪神戦でなかったのは

新聞のサービスで

チケットをもらったのかな?


電車が混むからと

8回くらいで球場をあとにした

どっちが勝ったかは、記憶にない


三人で観戦したのは

その時、一度きりだった


中学生になると

甲子園球場に

ひとりで行ったし

高校野球もアルプス席から応援した


友達が

阪急子供会に入っていたので

西宮球場にも行った


母は野球を好きではなかったし

父はもういなかったから

三人で観戦したのは

西宮球場の阪急南海戦

一回きりだ


でも

覚えている

ファールボールが飛んでくるたびに

ホームランだ!とはしゃいだ自分を


プロ野球の開幕が

早くても7月になると、ニュースで見た


夏の甲子園をふくめ

今年の開幕は

非常に難しいだろう


そんなことを思い

不覚にも泣けてきた


自分が、野球を

どれだけ楽しみにして

日々を過ごしているか

思い知らされる


一球一打に

一喜一憂出来る日まで


ファンの我々は

じっと我慢するしかない


100試合なくてもいい

一試合でいいから

安全に

真剣勝負が見たい



64回の閲覧

© 2023 by Skyline(著作権表示の例)