俺たちの祭

大好きすぎるドラマ

俺たちの祭

何度も何度も見ていますが

DVDを取り寄せました‼️



このドラマを語り出すと

止まらなくなるのですが


鎌田先生脚本の第十話




『誰がなんと言っても俺は俺だよ。俺らしくしか、生きられないんだよ。お前が欲しいんだ』


『私が、ごく普通の生活がしたいというのは、理屈じゃないのよ。私にも、あなたと同じように父の血が流れている。激しさを求めて、家庭をめちゃくちゃにした、父の血が流れているの…』

『私が激しく生きようとしたら、まわりも自分も、激しく傷ついてしまうのよ』


鎌田先生脚本の16 話では

一気にラブモードも加速しますが

友情についてのエピソードが泣けます




『倉橋の金、受け取ってやればよかった。あいつは、どんな形でも、俺たちとつながりを持ちたかったんだ』


『ゴメンな、倉橋。ゴメンな。お前の金、受け取らなくてゴメンな』


俺たちの旅の14話、石橋正二さん演じる玉が死ぬ回も号泣ですが、俺たちの祭の16話も、何度観ても泣ける。アホみたいに泣ける。




大切なことは

ほとんど全て

ドラマから学んだ気がします


このドラマの舞台は二子玉川

あまりに好きすぎて

いま、同じ街に住んでいる




0回の閲覧

© 2023 by Skyline(著作権表示の例)